製品情報PRODUCT

高効率活性汚泥処理設備

高効率活性汚泥方式は、高い酸素溶解性能の散気管が単位容積あたりのBOD処理能力を高め、さらにBOD負荷変動に合わせ最適な送風量を制御することにより過曝気・曝気不足を防止します。後段の沈殿分離槽でのバルキング(分離異常)を防止することで、安定した処理性能が得られます。

製品の特長

  • 高いBOD処理能力
    BOD容積負荷1.5〜1.8倍の酸素溶解効率(水深4mで溶解効率30%以上、散気管方式に比較して)。DO(溶存酸素)の均一化と油分に強い攪拌能力を持ちます。低負荷時から高負荷時まで酸素供給量の制御範囲が可能です。
  • 負荷追従曝気風量制御
    曝気槽内のDO(溶存酸素)、ORP(酸化還元電位)を監視。負荷変動に合わせて曝気風量を制御します(ファジー理論制御)。
  • 安定した処理性能
    沈殿分離槽でのバルキング防止で安定した処理性能が得られる高効率活性汚泥方式です。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。

ダイオーエンジニアリング株式会社 / 営業部

お電話でのお問い合わせ

東京 03-3281-5040
大阪 06-4790-9301
四国 0896-25-3111
九州 092-406-9865

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら