製品情報PRODUCT

脱臭装置

多様化する臭気問題に対して、原因・費用対効果等に見合った適切な悪臭対策機器(脱臭装置)の選定が必要です。

  1. 発生源の特性(臭気発生源・工程、臭気ガスや成分の特性、現状)
  2. 設計値設定・規制・周囲の条件(県や市の条例、排出口、他騒音規制など)
  3. 設置場所・動力・給排水・その他条件

これらの特徴を考慮して、適切な方式でご提案致します。


燃焼脱臭方式

臭気を燃焼し酸化分解する方式。ガス量・可燃性ガス成分濃度・助燃料コスト・触媒劣化物質の有無・設置場所などの条件により、直接燃焼・触媒燃焼などを選定します。

【長所】脱臭性能劣化小、高濃度臭気・可燃性臭気に適
【短所】燃料費用・設備費


吸着方式

臭気成分を活性炭等の吸着剤に吸着させ、臭気成分を除去します。吸着剤の吸着能力が低下したら交換が必要です。

【長所】高度な処理が可能、装置が比較小、低濃度臭気対策に適
【短所】高濃度臭気不適、吸着材の交換費、高湿・高温のガスには不適


洗浄方式

酸・アルカリ溶液、酸化剤溶液を臭気と効率よく気液接触させ化学反応を起こさせることで臭気成分を分解します。

【長所】装置が比較安価、ミスト・ダストに適、冷却効果有
【短所】汚水の発生


生物脱臭方式

活性汚泥等の種汚泥により微生物を馴養した充填部分に、臭気を送気し、臭気成分を溶解、微生物により臭気成分を分解します。

【長所】ランニングコストが安価、低濃度に適
【短所】設備が大型となる。微生物の維持管理が必要。水分補給が必要。


薬液噴霧方式

臭気に消臭・脱臭剤を噴霧することにより、臭気成分を被覆・隠蔽・中和することなどによって臭気のレベルを低減・脱臭します。

【長所】安価な設備投資、臭気成分により薬剤を選定。既存ダクトへの噴霧方式など、必要時のみの対応が可能(臭気が発生する工程時)
【短所】薬剤コスト、高濃度臭気不適

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。

ダイオーエンジニアリング株式会社 / 営業部

お電話でのお問い合わせ

東京 03-3281-5040
大阪 06-4790-9301
四国 0896-25-3111
九州 092-406-9865

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら